アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
オススメリンク
あったまるお茶

ストテキス 更年期障害対策

更年期障害のひとつに冷え性があります。更年期になると、ホルモンバランスの異常によって体の血のめぐりが悪くなったり、ホルモンのバランスが崩れたりします。

そのようなときの対策のひとつのお茶を飲む方法があります。ざくろやたんぽぽ、ハーブなどは、ホルモンバランスを整えたり、体を温めたりと、冷えを改善する効果があり、またリラックス効果もあります。水分のバランスがうまくいくことで、更年期障害を軽くすることができます。

更年期障害について
更年期障害とは、閉経した女性のホルモンバランスが崩れ、心身の不調が出る症状のことです。ほとんどの女性が40代後半から始まります。症状は人さまざまですが、動悸がしたり、血圧の変化、腹痛、多汗、頭痛等があります。

体質が変わり冷え性になったと感じる人も中にはいるかもしれませんが、その場合は温かいお茶などの飲み物を飲んで、体を温める事をお勧めします。楽しみ方は、趣味を見つけてストレス発散するのも一つの方法です。

お茶を入れる

ストテキス お茶の効能と種類

簡単に飲むことのできるお茶にはたくさんの効能があります。
また、緑茶・紅茶・ウーロン茶は同じ茶葉からできていますが、他にも様々な種類があります。

体を冷やすものと温めるものがあり、発酵させてあるものが体を温めるので、冷え性には紅茶や烏龍茶がおすすめです。かりん茶やゆず茶などもビタミンCを多く含み、体を温めてくれます。

更年期障害には、女性ホルモンと似たエストロンやエストラジオールを含むザクロ茶や、血液をサラサラにしてくれる紅花茶などがあります。

更年期障害とは
50歳くらいの閉経前後の女性がホルモンバランスの崩れ(エストロゲンの減少)によって更年期障害が起こることがあります。症状は、脈が突然速くなる、血圧が上昇する、汗が止まらない、頭痛、めまい、耳鳴り、疲労感などの自律神経失調症状、情緒不安定、イライラ、抑うつ気分などの精神神経症状など多岐に渡ります。

治療法としては、ホルモン補充療法で不足しているホルモンを補って行く方法、漢方薬で血液の循環不全を改善していく方法などがあります。

ガラスのポット

ストテキス お茶の概要

お茶には、たくさんの種類があり、それぞれに独自の効能があります。

その中でも冷え性の改善効果があるのが、烏龍茶やプーアール茶などの発酵させたもので、発酵が進むほど温める効果が高くなりますが、発酵していない緑茶などは体を冷やす効果があります。

この他にも、更年期障害に効果があるものもあります。ホルモンバランスを整えてくれるザクロ茶やヨモギ茶は、更年期の症状を軽減してくれます。
このように、さまざまな効能を持つお茶を飲むことで、症状の緩和を期待できます。

お茶の種類
お茶にはさまざまな種類があり、茶の葉はもちろん、その発酵の仕方によっても区別されています。緑茶、焙じ茶、紅茶、ウーロン茶は、同じ種類の葉を用いますが、発酵の方法が異なります。

また、お茶の種類の中には、冷え性や更年期障害を改善する成分を含むものもありますので、そのような症状に悩まされている場合には服用することが見受けられます。健康茶とも呼ばれており、医師などのアドバイスを受けながら、症状によって飲用することが大切です。